レシピ

にんにくの芽の栄養とおすすめの鍋レシピ

にんにくの芽の栄養とおすすめの鍋レシピ

にんにくは料理の風味を良くし、体に良い栄養素をしっかり摂れる食材として有名ですね。そんなにんにくは、根を利用するがメジャーだと思います。

ですが実は、にんにくの芽にもたくさんの栄養素が含まれているんです。しかも、根に比べてニオイが少ないので、扱い易い食材とも言えます。

今回は、にんにくの芽に含まれている栄養分と、にんにくの芽を使った鍋料理をご紹介いたします。

にんにくの芽って、どんなもの?

にんにくの芽って、どんなもの?

にんにくと聞くと、真っ先に思い浮かべるのが白く太った根の部分だと思います。にんにくの芽は、そこから伸びる茎のことです。

「芽」と表現されますが、実際には芽ではなく「花茎」です。そのままにしておくと花が咲きますが、その前に切り取って食用とします。

にんにくの芽は、スーパーに行くと一年中見かけることでしょう。それは、売られているにんにくの芽のほとんどが、中国産だからです。

国産のにんにくの場合には旬があります。それは、5~6月です。国産の特徴として、中国産より柔らかくて食べやすいです。

にんにくの芽の栄養分と健康効果

にんにくの芽に含まれている栄養分は、素晴らしい物ばかりです。一つずつ説明を加えながら、ご紹介していきます。

アリシン

にんにくの特徴である強い香りは、アリシンによるものです。これはビタミンB1と結合して疲労回復、滋養強壮に役立ちます。

殺菌、抗酸化作用もあるので、病気の予防にもつながります。

カロテン

カロテンは根の部分には含まれておらず、緑色をした芽の部分にだけ含まれています。カロテンと聞くと緑黄色野菜を思い浮かべる事と思いますが、にんにくの芽も緑色をしています。

その部分に含まれているカロテンには、皮膚の炎症を抑えたり、色素沈着を改善する働きがあります。また、活性酸素の除去による抗酸化作用もあります。

生活習慣病の予防、目の健康、美肌に効果的です。

ビタミンC

にんにくの芽には、ビタミンCも含まれています。

これには、シミの予防やコラーゲン生成を促進させる働きがあります。美肌や筋肉の組織作りも応援してくれるので、女性や子供にも嬉しい栄養素ですね。

食物繊維

芽に含まれている不溶性食物繊維は便通を良くし、腸内環境を改善してくれます。デトックス効果も期待できますよ。

ちなみに、根には水溶性食物繊維が含まれています。こちらは血糖値が急激に上昇するのを抑制する働きがあります。

葉酸

妊娠中の女性に不足しがちな葉酸は、にんにくの芽にたっぷり含まれています。

葉酸を摂取する事で、生まれて来る子供の神経管の先天異常を回避できる可能性が高まります。

にんにくの芽のおすすめ鍋レシピ

にんにくの芽の薬膳鍋

風邪をひいた時などには、体が温まり栄養もたっぷり摂取できておすすめです。

材料(4人分)

  • 鶏もも肉 1枚
  • だいこん 1/4本
  • にんじん 1/2本
  • キャベツの葉 1/2個
  • ニラ 1束
  • にんにくの芽 1束
  • すりおろしショウガ 1片
  • すりおろしにんにく 1片
  • しめじ 1パック
  • お好みの野菜 お好きな量
  • 中華だし、昆布だし 大さじ1
  • 醤油、みりん、酒 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • 水 1.5L
  • なつめ 小4個
  • クミンシード 小さじ1
  • クコの実 小さじ1

作り方

  1. 水を入れた鍋に、だしと根野菜類を入れる。沸騰して来たら肉を入れて弱火にする。
  2. 醤油、みりん、酒、にんにく、しょうがを入れる。しっかりアクを取る。
  3. しめじとキャベツを入れる。
  4. 仕上げにごま油と、クミンシード・クコの実・なつめを入れたティーパックを鍋に入れる。
  5. にんにくの芽とニラを入れたら、ひと煮立ちさせて完成。

おわりに

にんにくの根から出て来る緑色の部分である、にんにくの芽について、その栄養分とおすすめ鍋レシピをご紹介いたしました。

にんにく芽には、根に負けない程の栄養が詰まっています。ビタミンCや食物繊維など、美容に役立つ栄養もたくさん!妊婦さんには葉酸が含まれているのも、嬉しいですよね。

根に比べてニオイも少なく、気軽に食べる事ができるのも魅力ですね。