栄養・効果

にんにくを食べ過ぎるとどうなる?症状とそれぞれの特徴・対処

にんにくを食べ過ぎるとどうなる?症状とそれぞれの特徴・対処

にんにくは、今の時代は、サプリメントなどでも、十分補えるようになっています。万人が、摂取できるように工夫がされていますよね。素晴らしいです。

ですが、そのものによっては、摂取しすぎてしまうと、体によいとされているものでも、逆に体を壊してしまうことも多々あります。

そこで、体に良いとされていて、様々な効果があるにんにくの食べ過ぎについて、ご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にしてください。

にんにくの食べ過ぎの症状とそれぞれの特徴・対処

にんにくを食べ過ぎてしまうことによって起こる、体の不調は、一番最初に気になるのは、臭いですが、食べ過ぎることによって、思いもよらないところに症状が出てしまうことがありますので、原因がわからない場合もあります。そのため、対処方法もわからなくて困ってしまうことはありませんか?

にんにくを食べ過ぎてしまうことで起こるのは、胃腸障害や、血液、皮膚などの問題などと、幅広い範囲で不具合が発生してしまいます。なぜかというと、にんにくの成分は、薬効成分とも考えられているほどですから、その分、刺激が強くて、体の内外への影響が起こりやすくなってしまいます。

腹痛

にんにくの食べ過ぎと腹痛

まずは、ニンニクで起こる症状の一つである腹痛についてご紹介いたします。

にんにくを切ったり、すりおろすことで、アリシンという成分が生まれ、そのアリシンは、抗菌殺菌効果があります。新陳代謝を高めて、疲労を回復する効果があります。

ですが、食べ過ぎてしまうと、殺菌効果が強く出てしまうため、腸の中の環境を悪化させてしまうことがあります。腸の中には、善玉菌と悪玉菌があり、バランスを保っています。にんにくを食べ過ぎることによって、善玉菌まで、殺菌してしまうため、腹痛が起こると言われています。

この、起こってしまった腹痛は、ヨーグルトなどの、乳酸菌をとって、腸内のバランスを整えることによって、良くなる可能性があります。ほかに、チーズや納豆、キムチなどの発酵食品をとっても改善されるとされています。

下痢

次に、にんにくで起こる下痢の症状についてご紹介いたします。

にんにくに含まれるアリシンは、上記の腹痛に加え、下痢を起こしてしまうことがあるとされています。下痢というのは、水分を多く含んだ状態で、便が排出されてしまう症状。更に、逆の便秘も引き起こしてしまうこともあります。

下痢の症状を改善するためには、ビフィズス菌などの、善玉菌の対策が必要となります。

ですが、冷たいものをとってしまうと、更に冷してしまうこともありますので、あまり冷やしすぎないようにしてください。

吐き気

にんにくの食べ過ぎと吐き気

次に、にんにくで起こる吐き気についてご紹介いたします。

にんにくを食べ過ぎると、吐き気の症状を起こすことがあります。その原因としては、アリシンが関係しています。その他には、アレルギーが原因で起こることもあると言われています。やはり、胃腸があれている状態ですから、それを改善する必要があります。

にんにくは、血液をサラサラにしてくれる成分も含まれていますので、ヘモグロビンの減少により、貧血の症状を引き起こしてしまうこともあります。

それほど食べていないのに、にんにくを食べると、吐き気が起こるという場合は、アレルギーの可能性があります。症状的には、吐き気の他に、くしゃみや、鼻水や、席などの症状が現れるので、注意しましょう。

発熱

次に、にんにくで起こる発熱についてご紹介いたします。

にんにくの効果は、発熱を伴う風邪などの感染症を改善するのによいとされていますが、逆に、食べ過ぎて、発熱してしまうといったケースもあります。
発熱は、下痢や酢苦痛に比べると、珍しいケースですが、注意しましょう。

にんにくをたくさん食べた後に熱が出てしまった場合は、病院にいき、病院で、にんにくの摂取について伝えてください。

おわりに

体に良いと思っていても、体に支障をきたしてしまうこともあるんですね。

食べ過ぎた時の症状もしっかり覚えておきましょう。ですが、食べすぎないように、適量を食べることを心がけましょう。おいしいからついつい食べてしまうこともありますが、十分気を付けてください。

それだけ、にんにくの効能があるということの証明でしょうが、とりすぎも良くないということですね。