臭い消し

にんにくを食べた時の翌日の臭い消しの方法を公開!

にんにくを食べた時の翌日の臭い消しの方法を公開!

にんにく料理って、スタミナがつきますし、疲れている時に食べたくなりますよね!

さらに、焼肉やパスタを食べる時についついにんにくを利用したメニューを食べてしまう、という人も多いと思います。

飲み会で食べたにんにく料理は食べている時は美味しいかもしれませんが、翌日も匂いが残ってしまって仕事やデートで困ってしまう、なんてこともよくあることです。

そこで、にんにくを食べたとしても翌日に臭いが残らない方法をご紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

翌日に臭いを残さない方法

翌日に臭いを残さない方法
にんにくの臭いが強烈なことはよく知られた話ですが、翌日に残る臭いというのは口から発せられるものか体内から発せられるものかわかっていない人は多いです。

口から香るニンニク臭の場合は、実は入念に歯磨きさえ行えば、だいたい3時間程度で匂いは消えます。
しかし、翌日まで残った匂いというのは、口からではなく体から発せられているものになるので、歯磨きではきえません。

さらに、継続時間は16時間にも及び、個人差があるので長い人だと丸2日くらいはにんにくの臭いが残っていることもあるのです。

翌日に残ってしまった臭いを消す方法として

水をたくさん飲むこと

最初は、コップ1杯をのみ、1日を通して1.5リットル程度飲みましょう。

水分を普段から飲まない人は、体内の老廃物を排出する力が少ないので、必ず自分でも「飲みすぎ?」と思うくらいに飲んでください。

利尿作用を促し、溜まった臭いを追い出してくれます。

牛乳

牛乳はタンパク質と脂質が豊富で、臭いの元になるアリシンという物質を制御してくれます。
それによって、にんにくから起きる不快な臭いをシャットダウンしてくれるのです。

にんにくを食べる前に飲んでも、臭いを残りにくくしてくれるので良いですが、臭いが残った後でも効果を得られます。

水分を十分に取った後、半身浴

普段からシャワーで済ませてしまう人は、こうした時にはきちんと入浴するようにしてください。

次に、歯磨きだけでは臭いは消えないとお伝えしましたが、だからと言って歯磨きの効果はないのか、と言えばそうではありません。

翌日に残った臭いを歯磨きをすることによって緩和させることができるので、翌日臭いが気になる場合は必ず入念に歯磨きをしましょう。

口の中にある雑菌がにんにくの臭いのもととくっついて臭いにつながるので、しっかりめに歯磨きをすることが大事です。

歯磨きと一緒に軽く舌を磨く

ただ、この時にしっかりと舌磨きをしてしまうと必要な部分も一緒に削ぎ落としてしまうので、舌磨き用のブラシを買っておくかガーゼなどで優しく拭き取ってください。

マウスウォッシュ

マウスウォッシュは、口内を消毒洗浄してくれる効果があるので、ぜひ試してみてください。
ただ、マウスウォッシュは応急処置的なものなので、持続性は期待できません

マウスウォッシュ同様に応急処置的な対応としておすすめなのが、ブレスケアを噛んだり、ガムを噛むことです。
どちらも口臭を一時的にでも緩和させたり、消したりすることができるので良いです。

ただ、持続性がないので、人と接する時間が長い場合は定期的に行なってください。

マウスウォッシュ・ブレスケア・ガムなどで口臭ケアしたとしても、相手からどんな風に思われているのかわからないので不安に感じるかもしれません。

なぜか、体臭や口臭というのは自分ではわからないため、知らぬ間に相手を不快にさせている場合が多いのです。
そのようなことを避けるために、口臭ケアをしつつ、マスクをするというのもある種エチケットとして必要です。

にんにくの臭いは非常に残りやすく消えにくいので、ちょっとでも不安があってマスクをしていても大丈夫な場所であればした方が無難かもしれません。

あわせて読みたい
にんにくの臭い消しの方法〜臭いの原因から対策まで丁寧に解説!
にんにくの臭い消しの方法〜臭いの原因から対策まで丁寧に解説!食欲をそそる香りの代表的存在ともいえるにんにくの香り。不思議と食欲がない時でもにんにくの香ばしい香りをかぐと食欲がわいてくるという人もい...

まとめ

体内に残ったにんにくの臭いというのは、知らず知らずのうちに人を不快にさせてしまっているかもしれません。

そうならないためにも自分でしっかりとケアすることが大事ですし、その方法を理解しておくことが大事です。

ポイントは、臭いのもととなる老廃物をしっかりと排出させてしまうことなので、水分補給と汗を流すことはセットだと考えましょう。